カテゴリ:ルクシオン( 40 )


2006年 04月 26日

ルクシオン全く変化無し

ルクシオンはその週のコメントを見ると少し進歩しているように感じるかもしれませんが、3週並べると全く進歩の無いのがよく分かります。
じっくり預託料を払いますよ。

【4月25日】
 オークヒルファーム在厩。ダートコースにて約1時間の常歩およびダク運動、30分間の引き運動を継続。ペースアップに向けての基礎固めに終始している。
「その日の感触や状態などと相談をしながら、一日におよそ1000~2000mの速歩を交えつつ、慎重に跨っている段階です。少しずつ運動量を増やしていく中でも飛節が悪化することはありませんので、この積み重ねにより、さらなる前進を図っていきたいと考えます」(松園場長)
【4月18日】
 オークヒルファーム在厩。先週に引き続き、ダートコースにて約1時間の常歩およびダク運動、加えて30分間の引き運動を消化している。
「患部に急速な変化こそ見られないものの、ひと頃の停滞気味の印象から、着実に良化へと向かっている感触に変わってきているのは間違いのないところでしょう。これに応じて、まずは運動量を増やし基礎固めを。今後も速歩を織り交ぜるなどしながら、ペースアップのタイミングを慎重に見極めていきたいと思います」(松園場長)
【4月11日】
 オークヒルファーム在厩。ダートコースにて約1時間の常歩およびダク運動、加えて30分間の引き運動を消化している。
「(飛節の腫れについて)毎日見ている我々には分かりづらいものの、以前に比べると少しずつ小さくなってきているのは確か。午前中の騎乗運動時には機を見てダクを交えるところまできましたし、午後には引き運動を行い、極力体を動かすなど、ここにきて一段と運動量を増やしています」(松園場長)

ランキングに一押しご協力を!
人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログ
[PR]

by gama321 | 2006-04-26 22:18 | ルクシオン
2006年 04月 08日

ルクシオン ま~だまだっ

ルクシオンは6月入厩で、10月頃のデビューでしょうか。
チョット待って、それって再ファンド確定?
再ファンドの保証で一口乗った馬がまた再ファンドですか.....見る目無いのね。

【4月4日】
 オークヒルファーム在厩。引き続き、ダート周回コースにて、約1時間の乗り運動を消化している。
「軟腫に悩まされる日々が続き、予想外に時間を要してしまっている現状には、本当に申し訳なく思っています。ピッチを上げるまでにはまだ1~2ヶ月ほどかかりそうですが、その後は手元で感触を掴む為にも、再びトレセンに入厩させて進めていくことを検討中。本格的に動かせるようになった暁には、昨秋のスタンスと同様に、なるべく手をかけて良さを引き出していきたいと考えます」(宗像調教師)

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログ
[PR]

by gama321 | 2006-04-08 13:43 | ルクシオン
2006年 03月 30日

ルクシオンは良くなっているのか変わらないのか....

【3月28日】
 オークヒルファーム在厩。ダート周回コースにて、約1時間に及ぶ乗り運動を消化している。
「再びレントゲンを撮りましたが、特に悪化はしておらず、外見の腫れに関しても小康状態をキープできていますよ。目に見える良化となるともう少し時間を要することになりますが、跨り出してからも患部に変化がないというのは、一歩前進を遂げたと言ってもよいでしょう。引き続き、歩様にも異常は見られません」(松園場長)
[PR]

by gama321 | 2006-03-30 19:45 | ルクシオン
2006年 03月 13日

ルクシオン まだまだです

ルクシオンはやっと乗り運動を再開するかどうかの状態。
デビューできるのでしょうか.......不安

【3月7日】
 オークヒルファーム在厩。レントゲン検査の結果を受け、引き運動の時間を50分に延長。今週末もしくは来週より、騎乗運動に移行する予定となっている。
「レントゲンを見る限り、『まだ化骨の状況が一息である分、軟腫の治りが遅いのでは』が、牧場スタッフの総意。ただ、ここにきてだいぶ程度が良くなっていますので、症状はもちろんのこと、馬自身も少しずつしっかりしてきたのではないかと考えます。乗り運動への移行期間として、まずは引き運動の時間を延ばしました」(松園場長)
[PR]

by gama321 | 2006-03-13 21:48 | ルクシオン
2006年 02月 28日

ルクシオン運動再開もう少しか

【2月28日】
 オークヒルファーム在厩。日に30~40分程度の引き運動を消化している。
「軟腫の程度、歩様ともにだいぶ良くなってきましたので、そろそろ運動のピッチを上げようかと、スタッフ間で検討しているところです。近日中に飛節周辺のレントゲン検査を行い、念のため中身を確認してから、着手していく予定になっています」(松園場長)

なんだかいつも同じコメントでは申し訳なくて、希望的観測を含めたコメントをくれたような気がします。
レントゲンが来週
運動再開は4月に入ってからとかも......考えられる。
そんな急に良くなるとも思えない。

まあじっくり
[PR]

by gama321 | 2006-02-28 18:30 | ルクシオン
2006年 02月 22日

ルクシオン変わらず。

ルクシオン、変わらず..........

【2月21日】
 オークヒルファーム在厩。根気よく、軟腫のケアと日に40分程度の引き運動を継続している。
「実際に見た印象では、左右の飛節を比べると、まだ腫れが残っているのが分かるレベルでしたが、以前よりはだいぶ程度が良くなってきているように感じました。方向性は決して悪くありませんので、リスクを伴う排液は行わずに、このまま患部が小さくなるのを待ちたいと思います」(宗像調教師)
[PR]

by gama321 | 2006-02-22 08:52 | ルクシオン
2006年 02月 10日

ルクシオン重傷でお休み変わらず

競走馬に怪我はつきもの、能力があればこそ怪我も多いのだが....
一本の追い切りで、ここまで壊れてしまうとは、ルクシオンもたいした馬ですね。

【2月7日】
 オークヒルファーム在厩。軟腫の治療および様子見と日に40分程度の引き運動を継続している。
「飛節には外用薬で対処し、マッサージをするなどして様子を見守っています。一見すると針をして排液するのが得策とも思われがちな現状ですが、膝や球節に比べて、飛節は水を抜くことで関節の状態を痛める症例や過去の経験があるものですから、安易にやりたくはありません。仮にするとなっても、そのタイミングは極めて慎重に見定めていく必要があるため、もう少し時間をかけて経過を見守り、判断したいと考えます」(担当獣医師)
人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログ
[PR]

by gama321 | 2006-02-10 17:51 | ルクシオン
2006年 01月 23日

ルクシオン変わらず

ルクシオン変化無し。時間が経つのを待つだけです。

【1月17日】
 オークヒルファーム在厩。軟腫の様子を窺いつつ、日に20~60分の引き運動を消化している。
「軟腫は一度発症すると急激に良くなるものではないため、今後も患部に負担のかからない程度の運動を行いながら、ジワジワと良化してくるのを辛抱強く待つほかありません。なかなか思うような変化が見られず、まだ目処を立てられる段階ではないものの、日が経つにつれて今よりも短いサイクルで回復が進んでくるはず。この寒さが落ち着いてくるまでには、ケア主体の管理から調教中心の管理へと移行しておきたいところです。ちなみに、こちらに移動する直接の原因となった左前に関しては、いつでも騎乗運動を再開できる状態にまで癒えてきています」(松園場長)

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログ
[PR]

by gama321 | 2006-01-23 16:34 | ルクシオン
2006年 01月 11日

ルクシオン 明かりが見えない

ルクシオン、かなり時間がかかりそうです。
夏ぐらいを目処にデビューできればよい方かもしれませんね。
とりあえず目処も立たないようですから。

【1月10日】
 オークヒルファーム在厩。引き続いて、日に1時間ほどの引き運動を消化している。
「牧場も精一杯のケアと管理をしてくれてはいるのですが、予想外の軟腫発症とその回復具合があまり芳しくない現状から、当初こちらが思い描いていたスケジュールに狂いが生じ始めてきています。騎乗運動の再開までにどれくらいの時間を要するかが今後の鍵といえそうで、まずは日々のケアあるのみ。軟腫が出ること自体、まだ弱さを残しており、体が馴染んでいない証拠でもありますので、急かすことだけは避けたいところです。当面は辛抱強く様子を見守っていくほかないでしょう」(宗像調教師)

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログ
[PR]

by gama321 | 2006-01-11 09:45 | ルクシオン
2005年 12月 30日

ルクシオン 変化無し

ルクシオンは時間がかかります。
無駄な時間にならないよう祈るだけです。

【12月27日】
 オークヒルファーム在厩。日に1時間ほどの引き運動を入念に継続している。
「週単位で大きな変化をお伝えできないのが歯痒いところ。軟腫に関しては、どうしても一定の期間をかけて治癒を待つことが必要になってきますからね。現在はそこの良化具合に応じて、引き運動の時間を上下しながら、なるべくロスのない管理に努めています。今が最ももどかしい時期なのかもしれません」(松園場長)

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログ
[PR]

by gama321 | 2005-12-30 11:16 | ルクシオン