がまさんの一口馬主 Blog

gama3.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 07月 ( 53 )   > この月の画像一覧


2005年 07月 31日

7月の掲示板

b0013927_991834.jpg6月の札幌は、後半猛暑で30度を超える日が続いたりしました。
昨年も6月は暑かったのですが、7・8月と冷夏でした。今年は今のところ暖かそう。

競馬は北海道開催が始まっていますが、愛馬たちはさっぱり。
地元札幌で走る馬はいるのだろうか。心配になってしまいます。

札幌デビューの2歳も今のところ難しそうになってきました。
写真はファンタストのグランフィナーレ。まじめに走っているようです。(クラブHPより)

ランキングにご協力下さい。
人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログ
[PR]

by gama321 | 2005-07-31 23:59 | 掲示板
2005年 07月 31日

琢磨今季初ポイント....でも、大丈夫か

ハンガリーGPはライコネンが優勝。
シューマッハ兄が2位、弟が3位。
トゥルーリ、バトンと続いた。
琢磨は何とか8位を死守して今季初ポイント。
だと思うが、ライコネンに周回遅れにされるとき、抜かせる場所が無くてライコネンが抜くときに手を挙げて怒っていた。
優勝したのだから不問にふされるとは思うが、問題にされると不安である。
モントヤはリタイヤ、バリチェロ・アロンソは無得点に終わった。
チャンピオンシップ・コンストラクターズとも差が詰まって楽しみが続く。

依然、琢磨には厳しいレースが続くが、こつこつポイントを積み重ねていくしかないだろう。
さもなければ、BARのサードドライバー、もしくは、HONDAエンジンを持参金に下位チームへ行くしかなくなってしまう。

ランキングにご協力下さい。
人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログ
[PR]

by gama321 | 2005-07-31 23:12 | F1GP
2005年 07月 31日

ハンガリーGP 琢磨はどうなる

ハンガリーGPは今夜決勝戦。
我らがHONDA税はバトンが8番手、琢磨が10番手。
順番も今ひとつだが、問題は偶数列。
奇数列の走行ラインと偶数列では、ダスティーでラバーもない偶数列はかなり不利らしい。
おまけに、抜き所の無いハンガロリンクサーキットで出遅れたら......

さらに琢磨には試練が。
フェラーリのバリチェロがBARと契約したとの噂が飛び交っています。
バトンが残った場合に、BARにシートはない。
他チームに行こうにも、今期無得点ではかなりのスポンサーでも付けなければ。
何とか今日は得点をゲットして欲しい。

祈るしかできませんが。
[PR]

by gama321 | 2005-07-31 16:29 | F1GP
2005年 07月 30日

ジョウノボレロ 優勝 11番人気

これだから競馬なのだろう。
函館2レースに三城牧場生産のジョウノボレロが出走した。
3歳の牝馬で、18日に未勝利戦でデビュー。13頭のうち8着と、まだまだの成績。
父がブライアンズタイムで6月20日と遅い生まれ。
この時期でもまだ体が出来ていないと、調教師の先生からも良い話はなかったらしい。

今日のレースは前走2~3着の3頭が人気を分け合っていた。
ところがスタートしてみると、2~3番手を手応え良く進み、4コーナーを2番手で直線に向いた。
手応え馬良さそうだった。
あっさり前を交わし、3馬身離して圧勝だった。

お祝いの電話をかけると、オーナーも馬券を買っていなかった。
もちろん私も。

単勝 7970円
複勝 1360円
馬連 12500円
2着は1番人気だから、これくらいの馬券は買えただろうに......。

これが競馬ですね。
[PR]

by gama321 | 2005-07-30 15:30 | 競馬
2005年 07月 29日

グランフィナーレ 札幌向けにピッチ上がるか?

グランフィナーレのコメントも、週ごとに良くなってきている気がします。
そろそろピッチを上げてもらわないと、札幌に間に合わなくなってしまいそう。

【7月27日】
 ファンタストクラブ在厩。ウォーキングマシン40分、屋内角馬場での準備運動後、坂路コースにてハロン17~20秒ペースのキャンター2本を乗り込まれている。
「今朝は単走で普通キャンターを。マチカネエンジイロ(古500万)のすぐ後ろを追走していた分、幾らか見劣る感じはしましたが、つねに前を見据えながら悠然と走っていく様には好感が持てましたよ。精神的にも、肉体的にもひとつ大人になった雰囲気。機を見て、再びピッチを上げていきたいと思います」(米田育成広報)
[PR]

by gama321 | 2005-07-29 15:33 | グランフィナーレ
2005年 07月 29日

ウインゼフィール 木曜日はゆったり

ウインゼフィールは木曜日はゆったり。がれている体で、再来週新潟大丈夫なのだろうか?

7/28(木)
 今朝の美浦TCの馬場開場時間、午前5時の気温は22度。土用丑の日を迎えた今朝、昨日の台風一過ほどの暑さではないものの、やはりジトッとした空気と強い陽差しが照りつけていました。
 また今日の最高気温は34度との予報が出ており、そのピークに向け、午前中のうちから時間の経過と共に気温はグングンと上昇。9時を過ぎたころには、既に27度にまで達しています。馬場状態はほぼ回復し、Wコースが「稍重」だった以外、その他坂路を含む各コースは「良」でした。
 昨日、坂路で追い切りをかけられたウインゼフィールは、今朝はその翌日ということから、ごくごく軽いメニューでの調整にとどめられています。
 徐々に気温が上昇していく中、ゼフィールはいつものように厩舎周囲を1時間回っての、馬場入り前のウォーミングアップを済ませました。その後、8時過ぎに厩舎を出発すると、例によって体全体を使った速歩「バイタルウォーク」で北馬場へと向かっています。
 そして北馬場到着後は、正面スタンドのコース直線部分で、15分程度のハッキングとダクを消化。今朝はそのまま馬場を引き上げると、日課となっている森林コースの逍遥馬道を散策しながら、厩舎へと戻って行きました。厩舎出発から、再び戻るまでの間、ゼフィールは常にスムーズな歩様を見せていました。
 稽古の後、古賀慎調教師は「前走後、函館からの長距離輸送があったので、今はまだ体が少し寂しい状態です。ですけど、ここに来て少しずつ元に戻り始めましたし、落ち着いてもいますね。次走に向け、ここまでは順調に来ていると思いますよ。今後の予定ですけど、プランとしては新潟の1週目あたりを使う感じだと思います」と、話していました。
[PR]

by gama321 | 2005-07-29 15:31 | ウインゼフィール
2005年 07月 28日

ウインゼフィール 3馬身遅れ!

ウインゼフィールには驚かされます。500万下の馬に3馬身遅れ。
もうダメかと思いましたが、よく見ると1秒3遅れてスタートですから、2~3馬身は詰めたのでしょうね。
次走のジョッキーは誰なのでしょう。気にかかります。

7/27(水)
美浦坂路良 65.9~49.3~33.2~17.1 (8) 楽走
美浦坂路良 59.4~43.7~29.3~14.8 (6) 馬なり
内5歳500万下ワイアットアープ馬なりの外、3馬身遅れ。

 今朝の美浦TCの馬場開場時間、午前5時の気温は25度。台風7号が去り、今朝はまさに台風一過。雲ひとつない夏晴れとなりました。また、既に暦の上での大暑を過ぎたこともあり、その陽差しはギラギラとした真夏の様相。
 馬たちにとっては、本格的な厳しいシーズンの到来です。馬場コンディションに関しては、昨日の台風の影響が今朝になっても残っており、Wコースが「稍重」になった他、ダート、芝コースは「重」。残る坂路のみが「良」となりました。
 前走後の調整も順調なウインゼフィールは、今朝は坂路2本で、併せ馬での追い切りがかけられています。現在、疲れた様子はないものの、やはりまだ体は寂しく映るゼフィールです。
 しかし、稽古においては、これと同様に落ち着いた様子を見せていますし、体全身を使った柔らかい走りも健在。今朝の「坂路追い切り」でも、軽めのところながら、キビキビとした動きを披露していました。
 さて、この坂路での追い切りへは、例によって1時間かけて厩舎周囲を回ってのウォーミングアップ後に厩舎を出発。今朝は大塚騎手を背に、2度目のハローがけが終わったばかりの坂路へと、7時10分ごろに到着しています。
 そこで、追い切りパートナーとなる5歳500万下のワイアットアープと共に、ほぼ同じ時間の7時13分にまずは1本目の登坂をゆっくりとスタート。安定したフォームで16秒6→16秒1→16秒1→17秒1の4F65秒9を楽走ゴールしました。
 そして、2本目の追い切りとなるところの登坂では、7時26分、先にスタートしたワイアットを、1秒3遅れでゼフィールが追走開始。無理のないペースで徐々に勢いをつけながら、15秒7→14秒4→14秒5→14秒8の4F59秒4を余力たっぷりに馬なりでゴールしています。
 結果として先行のワイアットには、3馬身遅れてのゴールでしたが、馬なりで行き出しに大差がついていたことを踏まえると、悲観する必要はありません。こうして今朝の追い切りを無事に終えたゼフィールは、その後は日課となっている森林コースの逍遥馬道を、集団散策しながら厩舎へと引き上げました。
 稽古の後、大塚騎手は「前走前に比べると、少し細くなっている感じがしますね。ただ、稽古で乗っていてもカリカリする感じはないですし、動きも悪くないです。今はカイバもしっかりと食べているので、レースまでの間に、少しでもフックラするようにやっています」と、話していました。
[PR]

by gama321 | 2005-07-28 11:03 | ウインゼフィール
2005年 07月 28日

ウインルーシッド 16秒まで!

ウインルーシッドは順調のようです。終い16秒まで進んでいるとのこと。
調教師の先生からも9月入厩の話も出て、いたって順調ですね。

体高 159cm(+1) 胸囲 186cm(+2) 管囲 19.6cm(±0) 体重 474kg(-2) 7月上旬測定

 現在、北海道・門別のファンタストクラブにて調整中。ウォーキングマシン40分、屋内角馬場で準備運動後、1周900mの屋外ダートコースにてキャンター2000m、または芝コースをキャンターにて1本、坂路をキャンターにて1本消化しています。担当者は「先週からはまた芝コースでの調教も取り入れています。芝を1本、その後坂路を1本だったり、ハッキング1500mの後、坂路を1本だったりとその日の馬場状態、馬の状態を見てメニューを決めています。坂路では終いは16秒くらいまで来ているんですが、フットワークは軽快で動きは良くなってきました。月曜日に池江調教師も来られ、『これなら9月くらいに持っていけるかな』とおっしゃっていましたよ」と話していました。
[PR]

by gama321 | 2005-07-28 10:59 | ウインルーシッド
2005年 07月 28日

ウインセイヴァー 調教師次第

ウインセイヴァーの札幌行きは、ファンタストでは太鼓判。調教師の先生は悩んでいるという、不思議な状況です。
それでも、ファンタストでは札幌向けペースアップを開始するという、いったいどう考えたらよいのでしょうか。
個人的には、札幌出走は大歓迎です。デビュー新馬勝ちのコース。
きっと成果を上げてくれそうな気がします。

 現在、北海道・門別のファンタストクラブにて調整中。ウォーキングマシンを40分、屋内角馬場にて準備運動後、1周900mのダートコースにてキャンター2000m、又は1200mの坂路をキャンターにて2本消化しています。担当者は「今日は坂路を2本、2本目は15-15を行きましたが、動きは良かったですよ。これからは週1回15-15を含めて進めていきたいと思っています。西浦調教師はまだ札幌を使うかどうか悩んでいるようですが、状態が良ければ使おうという事もあるかもしれないですね。こちらとしては札幌に送り出せるようにやっていきます」と話していました。
[PR]

by gama321 | 2005-07-28 10:55 | ウインセイヴァー
2005年 07月 27日

ウインデュエル 順調!順調!

ファンタストで屈腱炎からの復帰を目指すウインデュエルは、順調に15-15をこなしています。
復帰の声もかかるほど順調のようです。
9月の札幌にはチョット時間が足りませんが、10月頃には復帰戦が見られるかもしれませんね。
貧乏一口馬主に、大将の復活が待たれます。

 現在、北海道・門別のファンタストクラブにて調整中。ウォーキングマシンを40分、屋内角馬場で準備運動後、1周900mの屋外ダートコースにてキャンター3000m、又は坂路をキャンターにて2本消化しています。担当者は「先週水曜日は併せ馬で3ハロンを45秒、15-15ですね。そして土曜日は終い2ハロンを30秒でいきました。動きは追う毎に良くなってきていますし、体つきも以前のいい格好が戻ってきました。もちろん追った後も、歩様はしっかりしていますし、裏に異常はありません。いよいよ復帰が近づいてきていますよ。ただ、引き続き気持ちは引き締めて頑張ります」と話していました。
[PR]

by gama321 | 2005-07-27 09:47 | ウインデュエル