<   2006年 01月 ( 49 )   > この月の画像一覧


2006年 01月 30日

グランフィナーレは、どうにもならないじゃじゃ馬

グランフィナーレは、兄のウインアレストと同じ馬鹿馬なのでしょう。
どうにもならないかもしれませんね。

【1月24日】
 ミホ分場在厩。主にウォーキングマシン40分の準備運動後、ダク1000m、普通キャンター2400mを乗り込まれている。
「降雪の影響により、先週の土曜日以降は通常よりも軽めのピッチとなっていますが、その分、ウォーキングマシンの時間を90分に、またダク運動の距離を延ばすなどして対処しています。脚元は丈夫な印象の馬ですから、とにかく精神面に気を配っての調整を。馬場入りや縦列調教の時などには、なるべく一頭になるように努めています」(三浦担当)

恵まれない一口馬主に、清きワンクリックをお願いします!
人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログ
[PR]

by gama321 | 2006-01-30 20:42 | グランフィナーレ
2006年 01月 30日

ウインリアライズ 骨折

ウインリアライズやっかいな骨折ですね。
じっくり回復を待ちますか。
頑張れ!

1/27(金)
 ウインリアライズは、本日美浦トレセン診療所でレントゲン検査を行いました。痛めたのが映り辛い箇所ということもあり、何度も角度を変えて、しかも大きいレントゲンで、時間をかけて行いました。
 結果から先に言いますと、レントゲンで腸骨にヒビが入っていることが確認されました。腸骨は骨盤のところにある骨で、その腸骨の上の部分、背骨に近いところに、僅かですが、ヒビが確認されました。
 検査後、宗像調教師から「元々歩様には出ていなかったし、骨には異常はないとは思ったんですけど…。ただ、不幸中の幸いは腸骨でも一番影響の少ないところに、しかもヒビだけですから、獣医師も言うように復活の可能性は十分あると思うんです。今後のリアライズの治癒能力にも掛かっていますが、能力はかなりのものですから、何とか再起に掛けさせてください」と坂本取材局長に現役続行の申し出がありました。もちろん、当クラブといたしましても、獣医師、宗像調教師の進言から現役続行を決断しました。
 獣医師の診断から明確な全治というものは出ませんでしたが、見舞金としましては見舞金7号の「9ヶ月」で申請いたしました。今後はまずは3ヶ月は完全に休ませ、それでヒビが埋まれば、そこから乗り運動を開始します。獣医師の話ですと、過去には同じ症状で6ヶ月でレースに復帰した馬もいるとのことです。見舞金を9ヶ月で申請していても、6ヶ月で復帰できれば、見舞金を返還すればいいだけのことで、そこで復帰できれば、十分未勝利戦には間に合います。
 もし回復が長引いて、仮に復帰に1年掛かり、未勝利戦に間に合わなかったとしても、ヒビが完全に埋まり、馬体に異常がなくなって、力を出せる状態にさえ戻れば、地方転出後、間違いなくすぐに中央に戻ってこられる能力を持った馬です。
 ただ、ボルトを入れたり手術が出来ない箇所ですから、まだヒビが完全に埋まっていない状況で寝転んだり、体を捻ったりして態勢を崩し、ヒビから完全な骨折になる場合というのも考えられます。そうなると、競走馬としては厳しくなりますので、その際には引退の決断を強いられるという可能性もあります。
 しかし、復帰の可能性がある限りはリアライズの治癒能力に期待して復帰を待ちたいと思います。会員の皆様には、次にレースに出走するリアライズを見るまでには、長い時間お待ち頂くことになりますが、ご了承いただき、そして引き続きリアライズを応援していただきたいと思います。
 なお、リアライズは明日28日(土)に美浦近郊のミホ分場へ移動、3ヶ月は完全に休養ということになります。

恵まれない一口馬主に、清きワンクリックをお願いします!
人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログ
[PR]

by gama321 | 2006-01-30 20:09 | ウインリアライズ
2006年 01月 30日

ウインゼフィールも順調

ウインゼフィールも調子が良さそう。
案外復帰も速そうな予感。

1/27(金)
 今朝の美浦TCの馬場開場時間、午前7時の気温はマイナス1度。天候は晴れ。好天に恵まれた今日も昨日同様に調教中の気温はわりと高めでしたが、北寄りの風がやや強く吹いていたために、体感温度は低めでした。
 馬場状態は、Wコースが「稍重」、坂路を含むすべてのコースは「良」となっています。
 昨日、坂路コースで4F53秒7の時計を出したウインゼフィールは、追い切り翌日のため、軽めの調整のみで本日のメニューを終了しています。
 厩舎周りでの乗り運動をジックリとこなし、北馬場のダートCコースへ移動。1周1800mのダートコースをダクで1周し、その後は、森林コースでゆっくりと散策しながら厩舎へ引き上げて行きました。
 「いい意味で元気が出てきているのですが、それに伴って悪さをしたりと、煩いところも顔を覗かせ始めています。体自体は脚捌きもスムーズで問題ありません」と北村宏騎手が話しているように、精神的にも肉体的にも準備は整いつつあるようです。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログ
[PR]

by gama321 | 2006-01-30 20:09 | ウインゼフィール
2006年 01月 30日

ウインセイヴァー順調

ウインセイヴァー時運長ですね。

1/27(金)
 今朝の栗東TC午前7時の気温は3度。天候は曇り。相変わらずパッとしない空模様ですが、冷え込みは少しだけ緩んでいます。コースはだいぶ乾いてきているはずですが、坂路の時計の出方を見ると今日も時計が出やすいコンディションのようです。馬場状態はすべてのコースで「良」でした。
 今朝のウインセイヴァーは、朝一番に本田騎手が騎乗して角馬場に入っています。片山取材本部長が「まさか速いところをやるわけはないし・・・」と思いながら調教スタンドから見ていましたが、その後CWコースに入っても17~17秒程度のキャンターで1周だけすると馬場を後にしていました。
 ジョッキーが乗ってもテンションが上がらないようにと、慣らしの意味で乗ったようです。西浦調教師も「順調ですよ」とニコニコしていました。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログ
[PR]

by gama321 | 2006-01-30 20:00 | ウインセイヴァー
2006年 01月 26日

ウインゼフィール順調

ウインゼフィールは、大事に基礎体力の充実に向け調教を受けているようです。
今回はまともに走らなければ後はないですから、何とか頑張ってもらいたいモノです。

1/25(水)
美浦坂路重 61.1~45.9~30.7~15.3 (6) 楽走
美浦坂路重 60.8~45.6~31.0~15.6 (6) 楽走

 今朝の美浦TCの馬場開場時間、午前7時の気温は0度。天候は晴れ。晴れているものの、気温通りの厳しい冷え込み。さらに、まだあちらこちらに残っている先週末に降った雪が、いっそう寒さを誘っていました。
 なお、21日土曜の中山開催が、雪の影響で23日月曜に代替開催で行われたため、美浦TCは昨日24日火曜が全休日となっています。これにより、ほとんどの厩舎が明日追い切りを行う予定です。馬場状態は、坂路を含むすべてのコースは「重」でした。
 今月上旬の帰厩後から、坂路中心の乗り込みが行われているウインゼフィールは、今朝も坂路での調整に余念がありません。しっかりと2本の登坂をこなしています。
 例によって遅い時間帯に坂路に登場したゼフィールは、まず1本目を10時30分にスタートすると、15秒2→15秒2→15秒4→15秒3の4F61秒1で、楽走ゴール。
 続けて15分後の10時45分に行き出した2本目もきっちりと1ハロン15秒ペースを守って、15秒2→14秒6→15秒4→15秒6のラップを刻み、4F60秒8でゴール板を駆け抜けました。脚色はこちらも楽走ゴールとなっています。
 藤沢和調教師は、「冬場で体を絞り込むのは難しいですから、今はじっくり乗って基礎体力を作っている段階ですが、これから様子を見ながら徐々にペースを上げて行きます。今のところは順調ですよ」と、話していました。どうやら復帰戦に向けての調教プランも順調に進んでいるようです。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログ
[PR]

by gama321 | 2006-01-26 14:10 | ウインゼフィール
2006年 01月 26日

ウインルーシッド放置

ウインルーシッドは放置されています。
1月に入厩予定でしたが、もう1月も終わります。
この時期の1っかげつの放置は、見捨てられたも同じですね。
春のクラシックへ針の穴ほどの期待もなくなりました。
よっぽど沢山良い馬を預かっているのでしょうね。
うらやましいです。

 現在、滋賀県・甲賀のグリーンウッド?トレーニング甲南馬事公苑にて調整中。ウォーキングマシン90分、準備運動後、1周1000mのビスコライド周回トラックコースにてキャンター2000m、又は600mの坂路をキャンターにて1本消化しています。担当者は「今週も周回コースと坂路を併用してしっかり乗っています。馬場や状態を見ながらですが、週1回~2回速いところをやっていますが、動きは日に日に良くなって来ていますよ。こちらに移動してきてからはスクミ、体の不安は一度もありませんし、体質の弱かった馬がここに来て成長してきているんでしょうね」と話していました。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログ
[PR]

by gama321 | 2006-01-26 14:10 | ウインルーシッド
2006年 01月 26日

ウインリアライズ今日にも検査

ウインリアライズはレントゲン検査の結果が気になります。
何ともないのならそれはそれで、タイムオーバーですよねきっと。
何かあれば休養ですし、いずれにしてもしばらくはお休みとなるのでしょう。

1/25(水)
 今朝の美浦TCの馬場開場時間、午前7時の気温は0度。天候は晴れ。晴れているものの、気温通りの厳しい冷え込み。さらに、まだあちらこちらに残っている先週末に降った雪が、いっそう寒さを誘っていました。
 なお、21日土曜の中山開催が、雪の影響で23日月曜に代替開催で行われたため、美浦TCは昨日24日火曜が全休日となっています。これにより、ほとんどの厩舎が明日追い切りを行う予定です。馬場状態は、坂路を含むすべてのコースは「重」でした。
 レース中のアクシデントで状態が心配されているウインリアライズですが、その後も舎飼いで様子を見られています。しかし、何度かレントゲン検査を行いましたが、今のところ骨には異常がないとの報告が入っています。
 宗像調教師は「トモの感じは良くなっています。骨にも影響がないと獣医も言ってくれました。ただ、念には念を入れて、今日か明日にでも、診療所で腰から尻、そしてトモにかけて隅々まで大きいレントゲンで再度検査を受けるつもりです。その結果がハッキリした時点でミホ分場へ放牧に出そうと思います」と、話していました。
 いずれにしても、検査の報告が入るまでは、今後の方針も立てられません。検査結果を待ちたいと思います。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログ
[PR]

by gama321 | 2006-01-26 14:05 | ウインリアライズ
2006年 01月 25日

ウインセイヴァーは大和特別へ

ウインセイヴァーは疲れもなく元気な様子。
また中2週ですね。
今度こそと思わずにいられません。

1/25(水)
 今朝の栗東TC馬場開門時間午前7時の気温は1度、天候は曇り。40キロほど東の彦根は雪かきが必要なほどだそうですが、栗東は残雪もなく比較的穏やかです。
 コースはちょうどよい湿り気が脚抜きをよくしているようで、坂路はもちろんトラックでも軒並み好タイムが出ていました。今週は追い切り時計だけで好不調を判断するのは危険なようです。馬場状態は、ウッドコースが「稍重」、その他のコースは「良」でした。
 先週の京都「河原町特別」に出走し、必勝態勢を敷きながら3着に敗れたウインセイヴァーですが、「馬体にはまったくダメージがありませんでした」と、西浦調教師は申し訳なさそうな表情を隠しませんでした。
 今朝は、朝一番に松浦調教助手が騎乗して角馬場に入っており、「中2週で大和特別に使います」と、早くも次走予定を明らかにしています。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログ
[PR]

by gama321 | 2006-01-25 16:56 | ウインセイヴァー
2006年 01月 23日

ウインリアライズは故障発生か?

ウインリアライズは最下位入選。故障発生らしい。
あけ3歳馬の3頭の内二頭が宗像厩舎。
ルクシオンは無理な調教で壊れ、ウインリアライズも壊れた。
相性悪いのかもしれない。

悪いところでなければよいのだが。

レースは出遅れて、勝ち負けにはほど遠い走り。
追走するも3コーナーで終わり。
ご祝儀馬券も散ってしまった。(買いすぎたと反省)

1/22(日) 中山 5R 3歳新馬 芝 1600 56.0 田中 勝春 14/14着

田中勝騎手 3コーナーを過ぎたあたりで、左のトモがガクッと歩様が乱れたんです。だから、スピードを落としてもう無理しませんでした。直線のフットワークは、あまり違和感は感じなかったから、大事には至らないと思うんですが・・・。

宗像調教師 引き上げて来た時の歩様は、特に乱れた感じではなかったので骨には異常がないと思うんですが、このまま検査をします。ただ、見た感じでは、左トモの膝蓋(しつがい)に違和感を覚えたのかもしれません。いずれにせよ、来週にも放牧に出すことになると思います。

美浦TC担当:坂本の目 3コーナーで、つんノメッタような感じになってフットワークが乱れたようなところは私も確認しました。その後は、ジョッキーも回ってくるだけで、大きく遅れての入線になったわけですが、馬体に何かあったのですから、いたしかたありません。とりあえず、検査の結果を待ちたいと思います。

美浦TC担当:坂本よりウインリアライズの検査結果報告 宗像調教師から中山の馬房でレントゲン検査を行ったリアライズの報告がありました。左トモの下側、つまり、ツメやスネの部分、そして飛節などの骨や筋に異常はなく、現在は熱もありません。ただ、お尻の部分がスクミのようにブルブルと痙攣のような症状が出ているそうです。レース直後ですから、テンションが上がっていて症状が判別しにくいこと、そして、腰やお尻の肉厚な箇所は、レントゲンに非常に写りづらいところなので、明日、トレセンでもう一度検査を行うということでした。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログ
[PR]

by gama321 | 2006-01-23 16:47 | ウインリアライズ
2006年 01月 23日

ウインセイヴァー3着

ウインセイヴァーは3着でした。
3着でがっかりしてはいけないのですが、単勝1倍台は期待してしまいます。
勝てるときに勝てないとこうなってしまいますね。
今日は力負けでしょうね。
順当なら、2月12日の特別戦でしょうか。

1/21(土) 京都 10R 河原町特別 ダ 1400 57 本田 優 3/14着

本田優騎手 だまっていてもスッと行く馬が、序盤は気合をつけての3、4番手。決して悪い手応えではなかったんだけど、ちょっと意外な気はしたよね。それでも直線に向いたときは勝てる手応え。後ろから来ているのはわかっていたけど、だからこそそれに合わせて追い出したつもりなんだよ。でも最後は完全に切れ味負け。うーん、納得いかないなあ。

柳田三千夫調教助手 馬体が思ったより絞れなかったことですか? まあ、理想は470キロぐらいなのかもしれないけど、見た目は太くなかったですからねえ。敗因は、正直言ってわかんないですねえ。テンの行きっぷりがもうひとつだったので、あの時点でいやな予感はしたんですが・・・。

栗東TC担当・片山の目 先行した3頭を掃除しておしまい、という形で勝ちに行ったわけですが、その後ろの集団から上がりだけで1秒近い差のある脚で接近されて抵抗できなかったのですから、結果的に早かったということなのでしょうか。今日は難なく勝ってくれるだろうと思っていただけに、関係者も私たちも思わず無口になってしまいました。幸い馬にダメージはなさそうなので、引き続き昇級チャンスなのは間違いありませんが、そろそろ決めてほしいというのが正直な気持ちです。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログ
[PR]

by gama321 | 2006-01-23 16:42 | ウインセイヴァー