2006年 03月 30日

ウインゼフィール 厳しい状況

ウインゼフィールは、闘争心が足りません。自分で走るのをやめてしまうのですから、競走馬としては不向きでしょう。あきらめた方がよいのかもしれませんね。

 3/25(土)阪神12R 4歳以上500万下(ダ:1400m)に出走、結果11着に。レース後は、その日に阪神競馬場を出発、翌26日の早朝に茨城県のミホ分場に無事到着しました。今回は距離を短縮してのダート戦出走でしたが、結果的に気性面の難しさを出してしまった形となりました。関係者の話からもダートは向いていないようで、今後は芝の短距離戦を目指すことになりそうです。また、馬具についても、前回着けたチークピーシーズの他にブリンカー着用の話も持ち上がっています。今回の放牧も、リフレッシュを目的とした短期放牧の予定ですので、数週間でトレセンに帰厩予定。次走については、今のところ東京か新潟出走が有力と見られています。

3/25(土) 阪神 12R 4歳以上500万下 ダ 1400 55.0 岩田 康誠 11/13着

岩田騎手 手応え十分で直線に向いたんですが、完全に自分から走るのをやめています。押しても、押しても、自分で止まろうとしていますから、これでは伸びるものも伸びません。道中も逃げ馬から離れた2番手をすんなり取れたんですが、わずかに飛んでくる小さな砂の粒を気にして顔を背けていたように、かなり気難しい馬ですね。それと、フットワークを考えると芝の方がいいのではないでしょうか。

藤沢和調教師 前走の経験から今日はチークピーシーズを外したけど、失敗だったかもしれない。追い出したら後ろの馬を気にして、耳を絞って走るのをやめてるんだもんね。馬具はチークもそうだけど、この内容だとブリンカーなんかも考えなければいけないかな。次走は東京を考えているけど、引き続きゼフィールに一番合った条件を探していきます。

栗東TC担当:片山の目 まるでスイッチを切ったかのように、直線に入ると走るのをやめています。一言で「気難しい馬」としか言いようがありません。それと、岩田騎手も言ってましたが、今日はパドックを見ていても何か覇気がないというか何というか・・・。関東馬なので普段から見ているわけではないのですが、もっと気を表に出すイメージだったのですが、今日はその点でイマイチだったように思います。久々を1度使い、馬体も締まって前走より上向きと聞いていましたから、長距離輸送、もしくは阪神の慣れない環境で1晩過ごしたことが気難しい馬だけに影響していたのかもしれません。
[PR]

# by gama321 | 2006-03-30 19:49 | ウインゼフィール
2006年 03月 30日

ルクシオンは良くなっているのか変わらないのか....

【3月28日】
 オークヒルファーム在厩。ダート周回コースにて、約1時間に及ぶ乗り運動を消化している。
「再びレントゲンを撮りましたが、特に悪化はしておらず、外見の腫れに関しても小康状態をキープできていますよ。目に見える良化となるともう少し時間を要することになりますが、跨り出してからも患部に変化がないというのは、一歩前進を遂げたと言ってもよいでしょう。引き続き、歩様にも異常は見られません」(松園場長)
[PR]

# by gama321 | 2006-03-30 19:45 | ルクシオン
2006年 03月 27日

ウインセイヴァー優勝!

ウインセイヴァーは、見事連勝でオープン馬の仲間入り。
連闘でオープン特別との噂もあったのですが、登録はないようです。
だとすると、5月下旬までお休みかもしれません。

とにかく強い勝ち方でオープン馬になってくれました。
次は掲示板確保で1億円に到達しそうです。

大将頑張ってくれました、今後も楽しませてくださいね。

3/26(日) 阪神 11R 鳴門S ダ 1400 57 本田 優 1/15着

本田優騎手 いつもはうるさくなる馬場入りがおとなしかったし、返し馬もスムーズ。これで走らなかったら逆に嫌だなあと思っていたけど、競馬も一番強かったね。テンの行きっぷりも前走とは大違いだったし、直線は狭い所を一気に突き抜けてくれたもの。この馬、スムーズに抜けるより、きつい思いをしながらのほうがしっかり伸びるんだよね。今日でそれもはっきりした。

西浦勝一調教師 強かったですね。中間の様子から疲労はないと判断していたけど、それが間違いでなくて本当によかった。使い込んで来ている状態での連勝というのは、馬が想像以上に力をつけている証拠です。このあとも大事に伸ばしてあげたいですね。

栗東TC担当・片山の目 「直線は内が開いていたんですか?」と本田騎手に聞くと、「ずっと開いたままにして、俺以外は入れないようにしていたんだよ。もし逃げている馬が内によれるようなら、開いた隙間に突っ込んで行けるから、常に進路は確保できていたということだよ」という返事。さすが、ベテランの読みは違います。「馬の間を割ったほうがいい」というのも今回ではっきりしましたから、次に宿敵シーキングザベストに当たったときは許さない、ぐらいの自信もわいてきました。この馬は負けを次に生かせる偉い馬です。獲得賞金1億円も目前に迫ってきました。
[PR]

# by gama321 | 2006-03-27 15:48 | ウインセイヴァー
2006年 03月 24日

ウインルーシッド 体質強化に向け

ウインルーシッドじっくりですね。
未勝利戦のある内に何とかお願いしたい。

 現在、滋賀県・甲賀のグリーンウッド・トレーニング甲南馬事公苑にて調整中。ウォーキングマシンを90分に加え軽めの乗り運動を消化しています。担当者は「すぐに逆戻りとなってしまいましたね。泰寿先生からはスクミの状態、球節の状態を詳しく聞いています。ただ、完全に休ませるわけではありませんから、軽くですが、すぐに乗り運動を始めています。もちろんこのくらいではスクミはありませんよ。まあウチでは15秒を切るくらいでもスクむことはありませんでしたし、あとは乗り運動を続け、体質の強化を待つしかないですね。焦らずいきたいと思います」と話していました。
[PR]

# by gama321 | 2006-03-24 16:00 | ウインルーシッド
2006年 03月 24日

ウインリアライズそろそろ動き出しますか。

ウインリアライズそろそろ動き出しますか。

 現在、茨城県・美浦のミホ分場にて調整中。舎飼にて様子が見られています。担当者は「宗像調教師とも話しましたが、3/28(火)でウチに来てちょうど2ヶ月になります。それまでは舎飼で様子を見て、それから少しずつ動かしていこうかということになりました。状態としては一歩ずつ良化の道をたどっていると思いますし、何とか復活出来るように頑張っていきたいと思っています」と話していました。
[PR]

# by gama321 | 2006-03-24 15:59 | ウインリアライズ
2006年 03月 24日

ウインゼフィール試金石のレース

ウインゼフィールは、明日出走です。
今回も未勝利戦と間違うほどのメンバー。
結果を出さなければ、藤沢師に三行半を突きつけられそうです。


出走確定
3/25(土) 阪神 12R 4歳以上500万下 ダ 1400 岩田 康誠

13頭立て、出走が確定しました。

3/22(水)
美浦坂路良 61.3~46.1~31.3~16.0 (8) 楽走
美浦坂路良 51.6~38.1~25.4~12.9 (2) 馬なり
外6歳500万下ワイアットアープ馬なりの内、半馬身先着。

 今朝の美浦TCの馬場開場時間、午前7時の気温2度。天候は晴れ。太陽が出ていたわりには、肌寒く、南よりの風も気温のせいで、こころなしかヒンヤリしていました。馬場状態は、すべてのコースで「良」となっています。
 今週の阪神土曜12R、ダート1400mに出走を予定しているウインゼフィールは、坂路コースで追い切りをかけられました。
 厩舎周りの引き運動で体を温め、坂路コースへと移動。輪乗り場でダクを踏んでから、1本目の登坂を7時40分にスタート。楽な手応えで4F61秒3のウォーミングアップを終了しています。
 そして、再び戻ってきての2本目は7時55分スタートでした。ゼフィールがスタートした2馬身後ろから6歳500万下のワイアットアープがスタート。ともに手応えに余裕を残したままの馬なりでラップを刻みます。徐々にワイアットアープがゼフィールとの差を詰めますが、半馬身差まで迫ったところでゴール。ゼフィールの時計は4F51秒6。結局、最後まで追うところなくこの時計ですから、状態の良さが見て取れます。
 藤沢和調教師も、「集中して走っていたし、状態は良いようだね」と、動きには満足な様子。そして、「今回はチークピーシーズを外す予定だけど、前回のレース振りから心配はないと思うよ。予定通り、今週の阪神、牝馬限定ダート1400mを使います」と、精神面での成長も認めていました。
[PR]

# by gama321 | 2006-03-24 15:56 | ウインゼフィール
2006年 03月 24日

ウインセイヴァーメインレース出走確定

ウインセイヴァー出走が確定しました。
それほどビックリするメンバーではないので、そこそこ人気にも成りそうです。
14戦連続で掲示板を確保していますので、何とか記録を伸ばして欲しいと思っています。
今の調子なら、何とかしてくれそうです。
短期放牧を挟んで8戦目ですが、この間3着以上を確保しています。
こちらものばしていただけると、結構嬉しいのですが。

出走確定
3/26(日) 阪神 11R 鳴門S ダ 1400 本田 優

15頭立て、出走が確定しました。

3/22(水)
栗B重 計不~計不~計不~計不~11.5 (6) 馬なり
単走。

 今朝の栗東TC馬場開場時間午前7時の気温2度、天候は曇り。朝一番は目の前のEコースも見えないぐらいの濃霧に覆われており、ようやく直線が見渡せるぐらいになったのが20分後。向こう正面が見えるようになるまでにはさらに30分以上かかりました。これにより、今朝は計時不能が頻発しています。
 馬場状態は、芝とウッドが「稍重」、ダートと坂路は「重」となりました。
 今週の阪神日曜メイン「鳴門S」に出走するウインセイヴァーは、朝一番に本田騎手が騎乗して角馬場での乗り込みを開始しています。
 角馬場を後にすると、レースに向けた最終追い切りはCWコースで行う予定だったそうですが、ちょうど7時15分ごろにCWコースでハートランドヒリュという馬がゴールを過ぎたところで転倒するアクシデントが発生。一時的にCWコースは閉鎖になってしまったため、Bコースに変更して追い切られています。
 ところが、その時間のBコースは濃霧でなにも見えない状態。時計はラスト1F11秒5しか計時できませんでしたが、かなり余裕のある馬なりでゴールしていたことは片山取材本部長が確認していますので間違いありません。
 引き上げて来た本田騎手からは「6F81秒ぐらいだと思うよ。しまいは12秒を楽に切っていただろうね。うん、動きは抜群。しまいちょっと追ってくれとテキ(西浦調教師)に言われていたけど、その必要もなかったぐらい。連戦続きだけど、思った以上に元気だよ」という報告がありました。
3/17(金)
 栗東TC馬場開場時間午前7時の気温7度、天候は雨のち曇り。7~8mの西風が吹き荒れ、時折突風となって馬を驚かせていました。馬場状態も芝コースが「重」、その他のコースは「不良」まで悪化しています。
 来週の阪神日曜メイン「鳴門S」に出走予定のウインセイヴァーは、松浦調教助手が騎乗して角馬場で30分の乗り込みを行なっています。
 本田騎手が「アルドラゴンもそこを使うと言われたんだけど、もちろんセイヴァーに乗せてもらいます。うん、力はこっちが上ですから」とキッパリ。「怖いのは除外だよなぁ」と、登録頭数を気にしていました。
[PR]

# by gama321 | 2006-03-24 15:53 | ウインセイヴァー
2006年 03月 16日

ウインリアライズ変わらず休養中

ウインリアライズ変わらずも、良い方向に動いているらしい。

 現在、茨城県・美浦のミホ分場にて調整中。舎飼にて様子が見られています。担当者は「今週も舎飼で様子を見ています。でも、洗い場まで歩かせるため、ウマヤの扉を開けた時は自分から動こうとしますし、かなり状態は良くなっているんだと思いますよ。こちらに来た当初はジッとしている時の方が多かったですからね。宗像調教師と相談して、引き運動から始めようとは思っています」と話していました。
人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログ
[PR]

# by gama321 | 2006-03-16 16:16 | ウインリアライズ
2006年 03月 15日

ウインセイヴァーメインレースへ

ウインセイヴァーは、ついにメインレースに駒を進めます。
どんなレースをしてくれるのか、非常に楽しみです。

3/15(水)
CW稍 80.9~66.0~51.8~39.1~13.1 (8) 馬なり
単走。

 今朝の栗東TC馬場開場時間午前7時の気温0度、天候は晴れ。昨日は雪もちらつく荒れた天気でしたが、馬場に大きな影響はなく、芝と坂路は「良」、ダートとウッドは「稍重」となっています。
 来週の阪神日曜メイン「鳴門S」を目標とすることが決まったウインセイヴァーは、今日は松浦調教助手が騎乗してCWコースで1週前の追い切りをかけられました。
 6Fからの行き出しとなったセイヴァーの単走追い切りは、スタートからフィニッシュラインを迎えるまでまるっきりの馬なり。それでいて、タイムは6F80秒9、ラスト1Fも13秒1と、内容、時計共に上々のものでした。
 「来週使う予定なので、このぐらいはやっておかないとね。はい、元気一杯です」と、西浦調教師です。どんな顔ぶれが揃うのかはまだ見えませんが、同師は「昇級でもヒケは取りませんよ」と、強気に構えていました。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログ
[PR]

# by gama321 | 2006-03-15 19:43 | ウインセイヴァー
2006年 03月 15日

ウインゼフィールは、来週の中京

ウインゼフィールは、来週の中京のようですが、全く権利もないのにでられるのでしょうか。

3/15(水)
美浦坂路良 62.3~45.6~30.2~15.2 (6) 楽走
美浦坂路良 52.6~39.3~26.4~13.7 (6) 馬なり
4歳500万下タイキスピリッツ馬なりに1馬身先行、1馬身半先着。

 今朝の美浦TCの馬場開場時間、午前7時の気温0度。天候は晴れ。グッと冷え込んだ朝でしたが、陽が昇ってからはメキメキと気温が上昇。ポカポカ陽気の中での調教となりました。もちろん馬場状態は、すべてのコースで「良」となっています。
 先週水曜日に挫石し、状態が心配されたウインゼフィールですが、幸いにも大事には至らず、12日日曜日からは、いつも通り坂路2本のメニューに戻っています。
 今日は厩舎周りの引き運動の後、坂路で追い切りを行いました。
 7時35分にスタートした1本目は、4F62秒3の楽走で足慣らし。そして、7時50分に2本目をスタート。
 ゼフィールがスタートした後、1馬身遅れで4歳500万下のタイキスピリッツが追い掛ける形となりました。
 ともに馬なりのまま、軽快に12秒~13秒のラップを刻みます。どこかでタイキが並びかけてくるのかと思われましたが、結局その場面は訪れず馬なりのままゼフィールが1馬身半リードしてのゴールとなっています。時計は4F52秒6。挫石の影響も見られず軽快な動きに、藤沢和調教師も、「挫石の影響で木曜日に休ませて金曜日に乗りましたが、乗った後も熱とか出なかったし、良い形でこれた。今日の動きも良かったし、もう心配はないね」と、安心した表情。
 そして、「せっかく体調も良くなったし、今週良い乗り役が空いていれば使おうと思ったけど、今のところ来週にする予定でいます」と、次走予定について話していました。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログ
[PR]

# by gama321 | 2006-03-15 19:41 | ウインゼフィール