2006年 03月 15日

ウインルーシッド牧場へ戻されました。

ウインルーシッドは出戻り。
姉もデビューが遅かったので、そういった血統なのでしょう。

3/15(水)
 先週金曜から乗り込みを再開したウインルーシッドでしたが、その金曜日の乗り込み後にスクミの症状が見られ、さらに先週末にも同じ症状が認められたため、一度放牧に出して立て直すことになりました。
 そのルーシッドですが、すでに昨日14日にトレセン近郊にあるグリーンウッドに移動しています。
 「様子を見て、大丈夫と思ったところで入れますから」と、池江寿調教師はデビューに向けて進めたい気持ちをグッと抑え込み、放牧の決断を下していました。
人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログ
[PR]

# by gama321 | 2006-03-15 19:40 | ウインルーシッド
2006年 03月 13日

ルクシオン まだまだです

ルクシオンはやっと乗り運動を再開するかどうかの状態。
デビューできるのでしょうか.......不安

【3月7日】
 オークヒルファーム在厩。レントゲン検査の結果を受け、引き運動の時間を50分に延長。今週末もしくは来週より、騎乗運動に移行する予定となっている。
「レントゲンを見る限り、『まだ化骨の状況が一息である分、軟腫の治りが遅いのでは』が、牧場スタッフの総意。ただ、ここにきてだいぶ程度が良くなっていますので、症状はもちろんのこと、馬自身も少しずつしっかりしてきたのではないかと考えます。乗り運動への移行期間として、まずは引き運動の時間を延ばしました」(松園場長)
[PR]

# by gama321 | 2006-03-13 21:48 | ルクシオン
2006年 03月 13日

グランフィナーレ 出走も近い

グランフィナーレ急ピッチの調教で、レースの話も出ているようです。
期待したいですね。

【3月9日】
 美浦トレセン在厩。今週も坂路と芝コースでの追いきりを重ねながら、順調に乗り進められている。馬体重482kg(3/7測定)
「体にどこか悪いところもなく、至って順調。稽古の感触からもやはり芝の方が良さそうですね。元気というよりはうるさいぐらいの様子だった昨夏の札幌時に比べ、今回は適度に落ち着きがありますから、その分の進展が見られることを期待していますよ。来週の中京開催あたりが一つの目標になりますので、近日中にゲートの確認をすることになるかと思います」(葛西助手)

06.03.08 鹿戸 美南芝稍 5F 66.9 52.1 38.5 13.2 4 馬なり余力
06.03.07 助手 美南坂良 2本 58.9 43.9 29.6 15.1 馬なり余力
06.03.05 助手 美南坂稍 2本 57.4 42.7 29.4 15.5 馬なり余力
06.03.01 鹿戸 美南芝不 5F 70.3 55.3 41.3 14.0 3 馬なり余力
リーディングアクト(古500万)馬なりの内先行同入
06.02.28 助手 美南坂良 2本 57.6 43.8 30.1 …… 馬なり余力
06.02.26 助手 美南坂稍 2本 57.1 43.0 28.9 14.4 馬なり余力
06.02.21 助手 美南坂稍 2本 60.8 45.0 30.5 …… 馬なり余力
06.02.19 助手 美南坂稍 2本 …… 42.5 28.5 14.7 馬なり余力
05.09.28 助手 美南芝良 5F 70.9 55.3 40.8 13.3 3 馬なり余力
ロレットチャペル(新馬)馬なりの内先行同入
[PR]

# by gama321 | 2006-03-13 21:46 | グランフィナーレ
2006年 03月 13日

ウインルーシッド スローダウン

ウインルーシッド

 現在、栗東:池江泰寿厩舎在厩。右前脚の球節の上の部分が熱っぽくなったルーシッド。もちろん精密検査をしたそうですが、骨や腱に異常はありませんでした。「育成場とはメニューの濃さが違うので、それが疲労となってそこに出たものと思っています。とはいえ、無理をさせる時期ではないので、今週末ぐらいまでは運動だけで様子を見たいと思います」と、池江寿調教師です。水曜日は、森澤調教助手に引かれて、60分の運動をこなしています。
 そして本日木曜日も、森澤調教助手による引き運動だけで様子を見られています。もうほとんど大丈夫なのだそうですが、調子に乗って進めすぎるとまた振り出しに戻されかねません。「立ち上がりをしっかりとやりたい」という池江寿調教師の方針もあり、今週一杯ぐらいはゆったりと進めるつもりのようです。

3/9(木)
 今朝の栗東TC馬場開場時間午前7時の気温1度、天候は晴れ。早朝の気温は相変わらず低めですが、風がないのが楽で、昼間はポカポカ陽気となってきています。スタンドでは「スタッドレスタイヤをノーマルに換えた」とかいう話題が出てきており、だいぶ春めいてきました。
 馬場状態は、芝と坂路が「良」、ウッド、ダートは「稍重」のコンディションです。
 ウインルーシッドは、今日も森澤調教助手による引き運動だけで様子を見られています。右前球節上部に確認された熱は、もうほとんど大丈夫なのだそうですが、調子に乗って進めすぎるとまた振り出しに戻されかねません。
 「立ち上がりをしっかりとやりたい」と、池江寿調教師も言っているように、今週一杯ぐらいはゆったりと進める方針に変わりはないようです。

3/10(金)
 今朝の栗東TC馬場開場時間午前7時の気温7度、天候は小雨。週末にかけて下り坂という天気予報がピタッと当たり、馬場はかなり渋った状態になっています。そのかわり気温は朝から高め。三寒四温の言葉通り、こうやってひと雨ごとに春に向かって行くのでしょう。馬場状態は芝と坂路が「稍重」、ダートとウッドが「重」となりました。
 ウインルーシッドは、今朝から乗り込みを再開しています。森澤調教助手が騎乗して、坂路の角馬場まで出かけて行ってダクを30分。その帰り道には念のために診療所にも寄り道をして、熱が見られた右前球節の上部を中心に馬体チェックを受けていますが、当然ながら「異常なし」のお墨付きをもらっています。
 吉村調教助手が「ちょっとスクミみたいな仕草が目についたので、診てもらいました。久しぶりの乗り込みなので仕方ないところなんでしょうね」と、その経緯について説明してくれました。
 軌道に乗せるまでには小さな山をひとつ乗り越えなければいけないようですが、「そこを超えたらスムーズに行けそうな気がしますよ」と、吉村助手にも暗いムードはまったくありません。
[PR]

# by gama321 | 2006-03-13 21:41 | ウインルーシッド
2006年 03月 13日

ウインゼフィール 挫石も大したこと無し

ウインゼフィール

 現在、美浦:藤沢和雄厩舎在厩。水曜日は引き運動後、南Dコースをダクで半周、その後芝コースにて追い切られました。藤沢和調教師は「今日は他の馬の誘導役で、芝コースで3頭併せの軽い追い切りをやったけど、今は歩様もシッカリしているから、脚捌きも良かったし、何より真面目に最後まで走っていた。次だけど、ダートの1200mも考えたけど、少し忙しすぎるんじゃないかと思うので、来週か再来週の阪神のダート1400mを考えています」と話していました。
 そして本日木曜日は、挫石のため、運動は控えられています。津曲調教助手は「昨日追い切った後、午後から右脚に熱を持ちました。調べてみたところ挫石とわかりました。今日一日は大事を取って様子を見ますが、朝には熱もなかったし、心配ないと思います。明日からは運動を開始できると思います」と話していました。

3/4(土)
美浦坂路稍 61.8~46.2~30.7~15.4 (7) 楽走
美浦坂路稍 59.3~43.5~29.1~14.8 (5) 馬なり
単走。
3/5(日)
美浦坂路稍 61.7~46.0~31.1~16.0 (8) 楽走
美浦坂路稍 58.3~43.4~29.5~15.2 (5) 馬なり
単走。
3/7(火)
美浦坂路良 57.9~43.4~29.4~15.2 (7) 楽走
美浦坂路良 56.9~42.6~28.7~14.7 (5) 馬なり
単走。
3/8(水)
南芝良 67.5~53.4~39.9~13.1 (4) 馬なり
直線3頭併せの内、中3歳未勝利ペディクラリス馬なり、外6歳500万下レフィナーダ馬なりと各併入。

 今朝の美浦TCの馬場開場時間、午前7時の気温3度。天候は晴天。思いっきり春らしいポカポカ陽気となった今日は、午前中から気温が10度以上に上昇。まさに調教日和でした。
 馬場状態は、Wコースが「稍重」だった他、坂路やダートコースでは「良」となっています。
 ここまで坂路コースで調整を続けてきたウインゼフィールですが、今日は芝コース3頭併せで追い切られました。
 厩舎周りの引き運動から南馬場に移動。まずはダートDコースに入りダクでジックリと半周。シッカリ体が温まったところで、芝コースに移動すると、パートナーには3歳未勝利のペディクラリス、6歳500万下のレフィナーダを迎えました。
 この3頭併せはまずゼフィールが先行スタート。ゼフィールから2馬身半間隔でペディクラリス、そしてレフィナーダが続きます。綺麗な等間隔で進む隊列は、その差を広げも詰めもせず4コーナーから直線へ。手応え十分で後続を待つゼフィールに2頭も外から馬なりで並びかけ、直線はピッタリと馬体を併せゴール板を駆け抜けていきました。
 「今日は他の馬の誘導役で、芝コースで3頭併せの軽い追い切りをやったけど、今は歩様もシッカリしているから、脚捌きも良かったし、何より真面目に最後まで走っていた」と、藤沢和調教師も高い評価を与えていました。
 そして、「次だけど、ダートの1200mも考えたけど、少し忙しすぎるんじゃないかと思うので、来週か再来週の阪神のダート1400mを考えています」と、現段階での次走予定について話していました。

3/9(木)
 今朝の美浦TCの馬場開場時間、午前7時の気温4度。天候は晴れ。着実に季節は春に移り変わってきていますが、寒暖の差が激しいのもこの季節の特徴で、昨日は10度以上になった気温も今朝は一桁台止まり。少しばかり寒く感じる朝でしたが、それでも真冬の厳しさに比べれば、楽に過ごせるようになっています。
 馬場状態は、坂路やダートコースで「良」。Wコースのみが「稍重」でした。
 昨日は芝コースでの3頭併せを行い、軽快な動きを披露。藤沢和調教師の口から次走の予定まで出るほど順調だったウインゼフィールですが、好事魔多しとはこのことで、昨日午後になって右前脚に熱があることが認められ、それが挫石による影響からきていることが明らかになりました。このため、今朝は運動を行わずお休みとなっています。
 津曲調教助手は、「昨日追い切った後、午後から右脚に熱を持ちました。調べてみたところ挫石とわかりました。今日一日は大事を取って様子を見ますが、朝には熱もなかったし、心配ないと思います。明日からは運動を開始できると思います」と、症状について話していました。
 幸い軽症で済んだようですが、場合によっては次走予定が変更になるかもしれません。

3/10(金)
美浦坂路良 68.5~50.8~33.9~17.3 (4) 楽走

 今朝の美浦TCの馬場開場時間、午前7時の気温7度。天候は曇りのち小雨。昨日まで安定した天候に恵まれていましたが、今日は雨。出だしの気温は高めだったものの、その後はさほど上昇はせず、久し振りにヒンヤリ感が戻っています。
 馬場状態は引き続き、坂路やダートコースが「良」で、Wコースは「稍重」でした。
 昨日は挫石の影響で、一日運動を休ませたウインゼフィールですが、今朝は元気に回復。坂路を中心とした調整メニューが組まれました。
 今朝は小雨もぱらつき始めた遅い時間帯に厩舎を出発。乗り運動をじっくり行った後、坂路へ向かい17~17のペースで1本、小気味よいキャンターを披露しました。
 稽古後の藤沢和調教師は「昨日も早い時間に熱は下がっていたからね。だから今日は軽く坂路で乗ってみたよ。乗った感じでは心配はなさそうだし、あとはこのあと熱を持たなければ大丈夫だね」と坂本取材局長に状況を説明しています。
 続けて、「このまま順調に行ってくれれば、次の阪神1週目ぐらいを考えています」と次走の予定を明らかにしていました。

3/12(日)
美浦坂路稍 67.0~50.7~34.0~17.3 (7) 楽走
美浦坂路稍 58.9~44.2~29.9~15.4 (5) 馬なり
単走。
[PR]

# by gama321 | 2006-03-13 21:38 | ウインゼフィール
2006年 03月 13日

ウインセイヴァー 3月26日、阪神鳴門Sへ

ウインセイヴァー

 現在、栗東:西浦勝一厩舎在厩。3/5(日)阪神12R 4歳以上1000万下(ダ:1400m)に出走、結果1着に。待望の準オープン昇級を果たしました。水曜日、ウマヤでは相変わらず気分よさそうに過ごしていますし、カイバもバリバリ食べています。しかし松浦調教助手は慎重で、「少し疲れがたまってきているんじゃないでしょうか。とりあえず、今日までは運動だけで様子を見させてください」と報告しています。西浦調教師は「使うとすれば阪神の鳴門S。一息入れることももちろん考えています」ということ。結論はもう少し先になりそうです。
 そして本日木曜日は、松浦調教助手が騎乗して角馬場での運動を開始しています。じっくり様子を観察していた西浦調教師が「疲労が少しでも感じられたら放牧と思っていたんですが、どうも大丈夫そうだからね。中2週で適鞍があるし、使うつもりでやっていきます」と続戦宣言が出ました。3/26(日)阪神11Rの鳴門Sです。

3/8(水)
 今朝の栗東TC馬場開場時間午前7時の気温3度、天候は晴れ。昼間は暖かくなりましたが、朝はまだまだ寒く、ストーブの火は当分ついたままのようです。昨日パラッと来た雨が残っていて、馬場は全体に渋り加減。芝コースと坂路が「稍重」、それ以外は「重」のコンディションとなり、特にCWコースではしまい一杯になる馬が少なからず見受けられました。
 待望の準オープン昇級を果たしたウインセイヴァー。ウマヤでは相変わらず気分よさそうに過ごしていますし、カイバもバリバリ食べているように、レースの反動は見られません。
 しかし、松浦調教助手は慎重で「少し疲れがたまってきているんじゃないでしょうか。とりあえず、今日までは運動だけで様子を見させてください」と報告しています。
 西浦調教師も「このまま続戦するとすれば、3月26日、阪神の鳴門Sを考えているけど、一息入れることももちろん考えています」と、話していたように、次走についての結論はもう少し先になりそうです。

3/10(金)
 今朝の栗東TC馬場開場時間午前7時の気温7度、天候は小雨。週末にかけて下り坂という天気予報がピタッと当たり、馬場はかなり渋った状態になっています。そのかわり気温は朝から高め。三寒四温の言葉通り、こうやってひと雨ごとに春に向かって行くのでしょう。馬場状態は芝と坂路が「稍重」、ダートとウッドが「重」となりました。
 続戦が決定したウインセイヴァーは、松浦調教助手が騎乗して角馬場からCW1周というメニューで乗られています。
 西浦調教師は「普段はこの通りホントにおとなしいし、人間に対しても従順な馬なんです。実戦へ行って、ジョッキーが乗った途端にカッーとなるわけですが、自分自身でそういうメリハリをつけながら走っているのかもしれませんしね」と、可愛い我が子を見るような視線を注いでいました。本当によく稼いでくれる孝行な馬です。
[PR]

# by gama321 | 2006-03-13 21:33 | ウインセイヴァー
2006年 03月 13日

ウインリアライズ微妙

ウインリアライズ微妙です。じっくり待ちましょう

 現在、茨城県・美浦のミホ分場にて調整中。舎飼にて様子が見られています。担当者は「今週も舎飼で様子を見ています。ウマヤの中でもだいぶ動くようになってきて、洗い場までの歩様も良くなってきていますから、全体的に良化してきているんだと思いますよ。ただ、宗像調教師も腸骨のヒビですから慎重にはなっているんだと思います。指示が出れば引き運動から始めていきます」と話していました。
[PR]

# by gama321 | 2006-03-13 21:30 | ウインリアライズ
2006年 03月 05日

ウインセイヴァー 優勝!

ウインセイヴァーは、やっと1000万を卒業。
負けられないメンバーだったのですが、スタート後手を踏んでひやり。
直線でも前がふさがり、またかと思ったが、今度は本田ジョッキーも強引に割ってあっさり。
さて、準オープンですね、
どんなレースをしてくれるのか、非常に楽しみです。

3/5(日) 阪神 12R 4歳以上1000万下 ダ 1400 57.0 本田 優 1/16着

本田騎手 どうも阪神は合わないのかなぁ? コースがどうこうではなく、阪神だとトモを引きずるというか、スクむというか・・・。ゲート後ろの輪乗りでもこの仕草を見せていたし、スタートしてからのダッシュもイマイチだったのは、このせいだと思うよ。それでも、スタートしてだんだんとエンジンがかかってからはスムーズに流れに乗れたし、正直言って今日のメンバーなら負けられないからね。直線も壁になったけど、強引に真ん中を割ってこじ開けました。抜け出してからは楽だったよね。

柳田助手 ジョッキーも言ってるように、どうも阪神だと変な仕草を出すようです。京都だとそんなことはありませんから、どうにもよくわかりません。ただ、スタート後も行きっぷりがイマイチでしたが、最近は行かなくても力を発揮できるようになてきてますからね。その点を考えても、このクラスは卒業しなければいけない馬ですよね。これで、1600万に昇級になりますから、1400mだけを選んでいたら極端にレース数が限られてしまいます。今だったら府中の1600mぐらいでも十分対応できると思うし、1800ぐらいでもやっていけそうな気もします。

WRC事務局:飯塚の目 さすがに、スタートしてからの行きっぷりがイマイチだった時はヒヤッとしましたが、流れに乗ってからは先団を狙って虎視眈々といった感じでした。1000万クラスでは、大崩なく安定したレース振りを続けてくれたように、我々にとっては本当に孝行な馬です。いよいよ、次走からは1600万昇級ですから、なかなか思うような競馬をさせてくれないこともあると思いますが、強力なメンバー相手にいい経験を重ねて、さらにパワーアップしてもらいたいものです。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログ
[PR]

# by gama321 | 2006-03-05 18:08 | ウインセイヴァー
2006年 03月 05日

グランフィナーレ 調教開始

グランフィナーレも、ボチボチお稽古開始です。
頑張っていただきたいですね。

【3月2日】
 美浦トレセン在厩。今週は芝コースにて併せ馬を消化している。馬体重478kg(2/28測定)
「馬房の中では問題ないのですが、屋外に出るとテンションが上がり気味になりますね。ただ、この馬としては落ち着いていますので、今週末もしくは来週あたりから、調教のピッチを上げていけると思います。気性面などを考えると、あまり事前から目標レースを定めることはせずに、週毎の状態と相談をしながら決めていったほうがよさそう。少なくとも前走が全ての馬ではないと思っていますよ」(葛西助手)

06.03.01 鹿戸 美南芝不 5F 70.3 55.3 41.3 14.0 3 馬なり余力
リーディングアクト(古500万)馬なりの内先行同入
06.02.28 助手 美南坂良 2本 57.6 43.8 30.1 …… 馬なり余力
06.02.26 助手 美南坂稍 2本 57.1 43.0 28.9 14.4 馬なり余力
06.02.21 助手 美南坂稍 2本 60.8 45.0 30.5 …… 馬なり余力
06.02.19 助手 美南坂稍 2本 …… 42.5 28.5 14.7 馬なり余力
人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログ
[PR]

# by gama321 | 2006-03-05 18:00 | グランフィナーレ
2006年 03月 02日

ウインゼフィール入厩

ウインゼフィール早い入厩で、出走可能なのでしょうか。
何とか出走できれば、力を出してくれるかも。

3/1(水)
 久々の出走となった前走の東京競馬で8着に終わり、美浦TC近郊のミホ分場に放牧に出ていたウインゼフィールは、本日美浦トレセンに帰厩しました。
 午前8時に検疫厩舎に入厩すると、午前9時から午後3時までの6時間の間に、検温や血液検査に加えて書類の確認などといったすべての検査事項を終了。そして、午後3時過ぎには、藤沢和厩舎のスタッフに出迎えられ、自分の馬房へと無事に収まっています。
 当初は、4月の福島開催もしくは5月の東京開催で、芝の短距離を使うプランが出ていたゼフィールですが、この時期に帰厩できたことにより、今週から始まる中京開催での出走という可能性も出てきそうです。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログ
[PR]

# by gama321 | 2006-03-02 17:36 | ウインゼフィール