2006年 03月 02日

ウインリアライズかわらずのようです。

ウインリアライズかわらずのようです。おまかせします。

 現在、茨城県・美浦のミホ分場にて調整中。舎飼にて様子が見られています。担当者は「現在も舎飼で様子を見ています。宗像調教師とも話しましたが、『万が一運動の時に体をひねったりして、また悪くなってしまったら元も子もなくなってしまう。無理せずいこう』ということになりました。ですが、洗い場までの時は慎重に対応していますし、疝痛にならない程度には動かしていますよ」と話していました。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログ
[PR]

# by gama321 | 2006-03-02 17:34 | ウインリアライズ
2006年 03月 02日

ウインセイヴァー出走確定

ウインセイヴァー出走確定です。
よかった!

3/5(日) 阪神 12R 4歳以上1000万下 ダ 1400 本田 優
3/1(水)
CW不 84.0~68.1~53.2~38.9~12.5 (6) G前一杯
単走。

 今朝の栗東TC馬場開場時間午前7時の気温5度、天候は雨。最初は小降りだったものの、だんだんと雨足が強くなり、それほど寒くはありませんが、外で仕事するのは楽ではありません。馬場状態は、芝と坂路が「重」、その他のコースが「不良」となりました。
 また、新規開業調教師の姿が目立ち、岩田騎手も晴れてJRAジョッキーとなり、精力的に攻め馬をこなしていました。
 今週の阪神日曜12Rに出走予定のウインセイヴァーは、朝一番に松浦調教助手で角馬場に入っていましたが、25分に一番の追い切りを終えた本田騎手が角馬場まで駆けつけ、そこで乗り替わってCWコースで追い切られています。
 西浦調教師は「先週はラストが少し甘くなっていたので、今朝はそこだけ気合をつけてくれと頼みました」と予告。片山取材本部長が見ていると、道中は馬なりの手応えで、セイヴァー自身のペースを守って徐々に加速。そして直線に入ると、西浦調教師の指示通り、ラスト1ハロンだけ一杯に追われて、12秒5のラップをマークしています。全体の時計が6F84秒0ですから、まさにしまい重点の追い切りとなりました。
 「こんな馬場だから、ケガがないようにというのが一番。しまいの反応はよかったから、これで十分でしょう」と、本田騎手も仕上がりには満足そうです。今度こそは勝って1000万クラスを卒業して欲しいものです。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログ
[PR]

# by gama321 | 2006-03-02 17:33 | ウインセイヴァー
2006年 03月 02日

ウインルーシッドは、ゲート練習も

ウインルーシッドは、ゲートのお稽古も始めました。
4月にデビューを迎えられるかも。

3/2(木)
栗東坂路不 72.5~54.2~36.9~18.4 (5) 楽走

 今朝の栗東TC馬場開場時間午前7時の気温3度、天候は晴れ。久々に洗濯物が外に干せる青空が見えましたが、北よりの冷たい風が吹いて、気温以上に寒く感じます。しかし、馬場状態の回復は遅く芝コースが「重」、ウッド、ダート、坂路は「不良」でした。
 ウインルーシッドは、今朝も森澤調教助手が騎乗して、坂路1本を楽走で上がると、ゲートの出入りの練習を行っています。
 まだ、広めのゲートを気分を損ねないように通すだけですから何とも言えないところですが、見ている限りでは問題なさそうです。
 国際派の池江寿調教師は「ジャイアンツコーズウェイ産駒は、なにかの拍子に気難しさを出すことがあるので、気をつけてやっています」と、さすが外国の新種牡馬の傾向もよく知っています。

3/1(水)
栗東坂路重 67.9~51.7~34.3~16.6 (6) 楽走

 今朝の栗東TC馬場開場時間午前7時の気温5度、天候は雨。最初は小降りだったものの、だんだんと雨足が強くなり、それほど寒くはありませんが、外で仕事するのは楽ではありません。馬場状態は、芝と坂路が「重」、その他のコースが「不良」となりました。
 また、新規開業調教師の姿が目立ち、岩田騎手も晴れてJRAジョッキーとなり、精力的に攻め馬をこなしていました。
 今朝のウインルーシッドは、担当の森澤調教助手が騎乗して、まずは坂路を楽走で1本。そのあとEコースのゲートに下りてきて、出入りの練習を行なっています。
 引き上げて来た森澤調教助手は「ゲートは問題なくこなしてくれました。これがトレセンに来て初めてのゲート練習だったので、ちょっと覚悟はしていたんですが、全然問題なかったですよ」と、ルーシッドの素直さにむしろ拍子抜けした表情です。この調子で行ければ、意外に手こずることなく進めて行けるでしょう。
 さらに「坂路の走りもいいですよ」と、口数の少ない森澤調教助手がそう付け加えるのですから、うれしくなります。


人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログ
[PR]

# by gama321 | 2006-03-02 17:30 | ウインルーシッド
2006年 02月 28日

だんだんタイムも

ウインルーシッド だんだんタイムも良くなっているではないですか。
まだまだですがね。

2/26(日)
栗東坂路稍 60.6~44.3~29.9~14.9 (8) 楽走
2/25(土)
栗東坂路良 65.9~49.8~33.4~16.1 (8) 楽走
[PR]

# by gama321 | 2006-02-28 18:33 | ウインルーシッド
2006年 02月 28日

ルクシオン運動再開もう少しか

【2月28日】
 オークヒルファーム在厩。日に30~40分程度の引き運動を消化している。
「軟腫の程度、歩様ともにだいぶ良くなってきましたので、そろそろ運動のピッチを上げようかと、スタッフ間で検討しているところです。近日中に飛節周辺のレントゲン検査を行い、念のため中身を確認してから、着手していく予定になっています」(松園場長)

なんだかいつも同じコメントでは申し訳なくて、希望的観測を含めたコメントをくれたような気がします。
レントゲンが来週
運動再開は4月に入ってからとかも......考えられる。
そんな急に良くなるとも思えない。

まあじっくり
[PR]

# by gama321 | 2006-02-28 18:30 | ルクシオン
2006年 02月 28日

グランフィナーレ帰厩も.....

【2月23日】
 美浦トレセン在厩。現在は坂路コースを中心として、入念に乗り込まれている。馬体重480kg(2/21測定)
「やはりテンションは高めですが、今回は口かごを装着しなくても済んでいますし、札幌のときに比べて、体つきはよりしっかりとした感じになっていると思います。坂路よりも周回コースの方が広々としている分、乗りやすい印象がありますね」(塚田騎手)

真面目に走ってくれよな!
たのんますよ
[PR]

# by gama321 | 2006-02-28 18:27 | グランフィナーレ
2006年 02月 26日

ウインリアライズ 何とか良くなって!

ウインリアライズ 何とかなりそうな雰囲気のようです。

 現在、茨城県・美浦のミホ分場にて調整中。舎飼にて様子が見られています。担当者は「現在も舎飼で様子を見ています。ただ、何度も言うように洗い場までは歩かせていますし、歩様を見た感じでは良くなってきていると思うんです。今後は引き運動を始めようと思っています」と話していました。
人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログ
[PR]

# by gama321 | 2006-02-26 00:58 | ウインリアライズ
2006年 02月 26日

ウインルーシッド 祝 入厩!!!

ウインルーシッドやっと入厩。待たされた分、順調にと祈ります。

2/24(金)
栗東坂路良 70.5~52.7~35.4~17.4 (6) 楽走

 今朝の栗東TC馬場開場時間午前7時の気温4度、曇りのち晴れ。競馬の世界の年度末とあって、勇退される調教師、新規開業調教師が入り交じって、挨拶回りや引越し準備に追われる姿が目につきます。福永騎手は「北橋厩舎所属としては、今朝が実質最後の仕事になります」と気を引き締めていました。馬場状態は芝と坂路は「良」、ダートとウッドは「稍重」です。
 入厩3日目のウインルーシッド。今朝も吉村調教助手が乗って元気に坂路を1本上がっています。昨日と全く同じ6時59分に行き出すと、およそ18~18秒ペースでサーッと駆け上がっていました。
 池江寿調教師が「グリーンウッドでもゲートを嫌がる素振りを何度か見せていましたから、そのあたりは慎重に探って行くつもりです。素質の高さも随所に見てとれますから、それをうまく伸ばしてやりたいです」と語ってくれました。

2/23(木)
栗東坂路不 86.1~62.5~41.7~21.2 (8) 楽走

 栗東TC馬場開場時間午前7時の気温7度、天候は曇り。昨晩もかなりの降水量となった栗東は、夜が明けてみたらやんでいましたが、馬場は当然ながら湿り気たっぷりとなりました。馬場状態は、すべてのコースで「不良」です。
 昨日入厩したばかりのウインルーシッドですが、早速吉村調教助手が乗って坂路を1本上がっています。
 トレセンでの初登坂は開門時間前の6時59分、入厩翌日ということで23秒6→20秒8→20秒5→21秒2の4F86秒1と、かなりゆったりしたペースでしたが、その脚取りはシッカリしたものでした。
 「馬運車をゴネたり、頑固な一面があります」と、担当の森澤調教助手は話していますが、調教に関しては「素直で乗りやすいし、乗り味もいいですよ」と、吉村調教助手は言います。
 また、稽古の後にカンカン場で計量を行ったところ、馬体重は484キロだったそうです。

2/22(水)
 たいへん永らくお待たせいたしました。本日22日、ウインルーシッド(父ジャイアンツコーズウェイ、母ルックトゥザシー)が栗東・池江泰寿厩舎へ入厩しました。
 朝7時、馬運車への積み込み作業を終了したルーシッドは、8時過ぎに栗東TC検疫馬房へと入っています。そして、JRA規定午前9時~午後3時までの6時間の間に、検温、血液検査、血統書コピーとの馬体照合などの検査を滞りなく終了しました。
 検疫検査を終えたルーシッドは、検疫馬房から開放されると、厩舎スタッフによって池江寿厩舎へと移動、厩舎の馬房へと収まっています。
 体質の弱さを指摘され、ゆっくりとした調整で入厩への下準備を行ってきたルーシッドでしたが、グリーンウッドへ移動してからは徐々に乗り込みメニューのペースを上げて行き、年明けからは坂路にもバンバン入っていました。
 牧場からは「いつでも入厩できますよ」と、入厩OKサインが出ていましたが、現在、池江寿厩舎は12馬房と少ない馬房にもかかわらず、有力馬が目白押しの絶好調。なかなか馬房のやりくりがつかない状態となっていました。そして、池江寿厩舎の馬房数増加に伴い、ようやく入厩段取りが整ったことから、ルーシッドは本日入厩となっています。
 明日からは、デビュー戦へ向けて、トレセンでのハードな調教が開始されます。
人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログ
[PR]

# by gama321 | 2006-02-26 00:52 | ウインルーシッド
2006年 02月 26日

ウインゼフィール 3月1日に帰厩かも

ウインゼフィール早くも帰厩の話が。出られるレースはあるのだろうか。

2/24(金)
 2月18日の東京競馬で8着に終わったウインゼフィールは、お伝えしました通り、すぐに美浦TC近郊のミホ分場にリフレッシュ放牧に出されましたが、本日、藤沢和調教師から、「3月1日の検疫で帰厩させる予定がある」と、坂本取材局長に連絡がありました。
 今のところ次走については決まっていませんが、「芝の短距離を考慮する」という前走後の話からも、中京開催の後半もしくは福島開催での出走が予想されます。

2/22(水)
 先週の東京土曜7Rダート1600mに出走し8着に終わったウインゼフィールですが、「あの手応えならもう少し粘って欲しかったですね。ただ、休み明けにしては仕上がりも良かったし、最近では一番真面目に走っていました」と、北村騎手もレース内容には手応えを感じていたようです。
 しかし、ゼフィールは今回3着以内に入れなかったことにより、次は間隔を空けないと出走が難しい状況です。そのため、レース後、美浦TC近郊のミホ分場に放牧に出されました。
 注目の次走についてですが「やはりダートよりも芝の方が向いている。今後は短い距離の芝のレースを使ってみよう」と藤沢和調教師がレース後話していたように、芝の1200mか1400mが有力視されています。ところが、古馬500万条件の芝のレースは、この時期、鞍数が極端に少ないこともあり、場合によっては春の福島か東京開催まで待つことになる可能性も考えられます。帰厩の時期に関しては、今のところは流動的です。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログ
[PR]

# by gama321 | 2006-02-26 00:49 | ウインゼフィール
2006年 02月 26日

ウインセイヴァーは、来週の阪神

ウインセイヴァーは、来週の阪神競馬。調子も良さそうです。

2/23(木)
 栗東TC馬場開場時間午前7時の気温7度、天候は曇り。昨晩もかなりの降水量となった栗東は、夜が明けてみたらやんでいましたが、馬場は当然ながら湿り気たっぷりとなりました。馬場状態は、すべてのコースで「不良」です。
 追い切り明けのウインセイヴァーは、松浦調教助手に引かれての運動を60分行なっていました。
 西浦調教師は「前回がピークのデキと思っていましたが、その後も落ちる気配がありません。充実期に入ったということですね」と、満足そうです。
 また、流動的だった次走の予定ですが、来週の阪神日曜12Rダート1400mを目標と定めました。

2/22(水)
CW不 81.9~67.2~53.7~40.4~13.6 (6) 馬なり
単走。

 栗東TC馬場開場時間午前7時の気温は3度、天候は晴れ。朝からスッキリとした青空が広がりましたが、昨夜のまとまった雨の影響で、どのコースも軒並み含水量は高め。また、8時を過ぎたころからは、気温の上昇に伴って霧が立ち込め、非常に見通しが悪くなっています。
 馬場状態は、芝コース、坂路コースが「重」、その他のコースが「不良」となりました。
 今朝のウインセイヴァーは、松浦調教助手の手綱でCWコースでの単走追い切りをかけられています。
 6Fからスタートした追い切りは、楽な手応えのままペースを上げて直線へ向かうと、終始馬なりのままラスト1F13秒6でゴール板を駆け抜けて行きました。
 西浦調教師は「馬なりから少し仕掛けた程度でしたけど、いい動きでしたね。連戦が続いていますが、調子落ちもなく順調です」と、ニッコリ笑顔で話していました。
[PR]

# by gama321 | 2006-02-26 00:40 | ウインセイヴァー