人気ブログランキング |

がまさんの一口馬主 Blog

gama3.exblog.jp
ブログトップ
2004年 12月 25日

ウインセイヴァー 本田騎手の見解

ウインセイヴァーの主戦ジョッキー、本田騎手のコメントが載ったメルサが届いています。
やはり距離に疑問の声。
1200で短いから1400を使おうとした馬ですから、1000mはいかにも短い。
スタート今ひとつ・2の足もちょっとのセイヴァー君、エンジンが回り出した頃にはゴールと言う事も考えられます。
ただ、抜けた馬もいない500万下ですから、体調十分で望めばそれなりの結果も期待できると思います。
昨日はグランフィナーレのドリームレースを堪能させて頂きました。
がまさんの部屋2004年の最終を、有終の美で飾ってもらいたいと密かに期待しています。




12/24(金)
 今朝の栗東TCの馬場開場時間、午前7時の気温は1度。天候曇り。開場時間1時間後の8時から小雨が降り出しましたが、15分ほどですぐやみ、一転して青空が広がりました。
 底冷えにはほど遠い暖かい暮れで、競馬も最終週ということも手伝って、栗東TCは活気が溢れています。馬場状態は、坂路は「良」、その他のコースも「良」でした。
 今朝のウインセイヴァーは、持ち乗り担当の松浦調教助手が騎乗して、角馬場ダク踏み込みからBコースを18~18ペースのいわゆる「普通キャンター」で軽く1周しています。
 当初予定していた阪神日曜の8Rダート1400mは、出走間隔「D~2」のセイヴァーは、優先順番はフルゲートのはるか外。抽選の対象にもならない状況でした。
 そこで「出走の可能性あり」と、中京日曜3Rのダート1000mへ矛先を変えたのですが、同様の考えを持つ同じ「D~2」の関係者が急増化。なんと「D~2」同士20分の5という抽選でした。
 そんな難関をくぐり抜けて中京のダート1000mに出走するわけですが、本田騎手は「1200mと1000mはまったく別と言っていいぐらい速いからね。前半はついて回れないかもしれないよ」と疑いのまなざしを投げかけています。
 中京は上村騎手の騎乗。本田騎手は今回は乗れないわけですから、いわゆる第三者としての見解でしょう。そしてまた今週阪神のダート1400mへの出走が不可能だったことを、今朝も悔しがっていました。
 ところが本田騎手とは対照的に、西浦調教師は「ウインヴェルヴとウインセイヴァーの間に、短距離でいい競馬をした兄弟がいるんです。案外、適性はあるんじゃないかと思っているんですよ」と、こちらは前向きでした。

by gama321 | 2004-12-25 09:21 | ウインセイヴァー


<< 枠順でがっくり      グランフィナーレ大楽勝だったよ... >>