人気ブログランキング |

がまさんの一口馬主 Blog

gama3.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 10日

ウインセイヴァー 上村騎手で特別戦

ウインセイヴァー上村騎手で特別戦へ朝鮮

11/10(木)
 今朝の栗東TCの馬場開場時間、午前7時の気温は7度。天候は晴れ。ひと山越えたところにある信楽町では氷点下0.5度を記録し、栗東トレセンもかなりヒンヤリとした朝でした。
 ところが9時過ぎになるとグングン気温は上がり、厚手のジャンパーを脱ぎ捨てたくなるほどで、いわゆる小春日和。すべてのコースの馬場状態もまさに調教日和にピッタリの「良」となっています。
 ウインセイヴァーは追い切り明けとなりますから、今朝は運動のみにセーブ。朝一番の点検で歩様に異常がないことを確認した西浦調教師は、調教開始前のスタンドで片山取材本部長を見つけると「いい状態で次も使えそうです」とニッコリ報告でした。
 来週の特別に使うことをほぼ決定し、鞍上も本田騎手に先約があることを受けて、「今回だけ上村騎手に頼みました」と早くも手をまわしています。そして「昇級でも勝ち負けまで持ち込めるんじゃないかな」と、強気の見立て。結構自信を持っていそうな口ぶりでした。


11/9(水)
CW良 84.2~69.8~55.2~42.1~13.9 (7) 馬なり
単走。

 今朝の栗東TCの馬場開場時間、午前7時の気温は11度。天候は曇り。再びG1シリーズに突入したことで報道陣の数が激増し、かなり華やかなムード。そのうえ、毎週水曜はトレセン主催の調教見学ツアーのお客さんも加わり、今日はにぎやかな朝でした。馬場状態は、すべてのコースで「良」となっています。
 今日のウインセイヴァーは松浦調教助手が乗って、朝一番から角馬場へ。たっぷりたっぷり乗り込んで、7時半にCWコースに出てきたと思いきや、向こう正面はかなりの行きっぷりでした。あらかじめ「今日は15~15をやっておきます」と西浦調教師の予告はありました。
 ですが、その行きっぷりの良さに片山取材本部長も、一瞬「これは15~15じゃすまなくなりそう」と思ったほどです。しかし、そのあとを松浦助手がうまくなだめて、最終的には6F84秒2~69秒8~55秒2~42秒1~13秒9という時計。もちろん、まったくの馬なりでした。
 西浦調教師はご機嫌で、「はい。順調そのものですね。来週、ダート1400mの特別に行きましょう」と、決めてしまっています。先週お伝えしましたように、そのレースは主戦・本田騎手に先約があり、そこはまだ未調整の模様。ジョッキーはいまのところ未定です。

by gama321 | 2005-11-10 18:52 | ウインセイヴァー


<< ウインセイヴァー好調持続      グランフィナーレ じっくり >>