人気ブログランキング |

がまさんの一口馬主 Blog

gama3.exblog.jp
ブログトップ

2004年 08月 26日 ( 4 )


2004年 08月 26日

またも頓挫 グランフィナーレ~~~~

またまただめですか?!
順調でもぎりぎりと思っていたので、2回札幌はあきらめでしょうね。
ゲート試験等も残っているし、奇跡でも起きない限り無理でしょう。
ため息ばかりが出ます。

【8月25日】
 ファンタストクラブ在厩。21日(土)に坂路にて終い2F15-15を消化。昨日より、右トモの歩様が一息となったため、本日は屋外ダートコースにてハロン22秒ペースのキャンター1800m、常歩4000mまでで様子を見ている。
「土曜の稽古内容が良かっただけに残念。ただ、依然としてキャンターを乗り続けているように、極端に悪くなった印象はないですね。回復に応じて、すぐにでも攻めていくスタンスに変更はナシ。たまに弱音を吐くものの、巻き返しが早いのもこの馬の特徴ですから。まだ第2回札幌開催を諦めたわけではありません」(米田育成広報)

by gama321 | 2004-08-26 09:21 | グランフィナーレ
2004年 08月 26日

ウインセイヴァー やっと乗り始め

やっと乗り始めたようです。2ヶ月かけると言っていますので、年内間に合うかもしれません。
ひ弱な馬ですから、中身が入ってくれていると良いのですが。

メルサ>現在、北海道・門別のファンタストクラブにて調整中。常歩、ダクを中心に調整されています。担当者は「西浦調教師にも状態を細かく連絡し、今週から乗り運動を始めました。この間のレントゲンからは思った通りに順調にきていますよ。ここからはだいたい2ヶ月くらい掛けて、じっくり仕上げていきたいと思っています。せっかくここまで来たんですから、焦りは禁物ですよ」と話していました。

by gama321 | 2004-08-26 09:17 | ウインセイヴァー
2004年 08月 26日

ウインデュエル一週前調教

今週も元気に追い切りをかけられました。メルサによると強めではありませんが、好調のようです。
そういえば、今朝のスポーツ新聞にビワシンセイキが屈腱炎だとかでていました。
デュエルもそうだっただけに、何とか復帰してほしいと思う反面、有力馬の一角が崩れた事は有利な材料です....。

8/25(水)
札ダ良 82.9~68.0~54.0~40.4~12.8 (5) 馬なり
直線併せの内、外4歳500万下スパイキュールG前強めと併入。

 今朝の札幌競馬場の馬場開場時刻、5時半の気温は19度、開門時間を待っていたかのように雨が降り出しました。昨晩の天気予報は快晴だったのですが、大ハズレです。
 このあてにならない天気予報を信じ、半袖で競馬場へとやって来た、関係者やトラックマンたちの、ブルブルと震え上がっている様子があちらこちらで見受けられました。馬場状態は芝が「稍重」、ダートコースが「良」です。
 先週の木曜19日に札幌競馬場へと入厩したウインデュエルは、今日は次週のエルムS・G3出走へ向けて、ダートコースで「1週前追い切り」をかけられています。
 5時30分、開門と同時に、岡部騎手を背にダートコースへと登場したウインデュエルは、ダクを踏みながら向こう正面へと移動しました。
 向こう正面に到着すると、今日の調教パートナーである4歳500万下スパイキュールと合流。そのスパイキュールを6Fから先に行かせ、追走する形で、追い切りをスタートしています。
 6Fスタートで、スパイキュールの5馬身後方から追いかけたデュエルは、5F標識で3馬身半、4F標識で2馬身半、そして3F標識で2馬身と、無理のない楽な手応えで、ひたひたとスパイキュールに迫り、直線へと流れて行きました。
 直線は、内にデュエル、外にスパイキュールの位置取りです。直線、中ほどで、軽く岡部騎手が気合を入れると、抜群の手応えで、スッと並びかけ馬体を併せます。
 結局、デュエルは終始馬なりで、OP馬の圧迫に終い苦しくなり、ゴール前強めに追われ出したスパイキュールを横目に、楽々と併入ゴールとなりました。
 デュエル自身の時計は6F82秒9~5F68秒0~4F54秒0~3F40秒4~1F12秒8で馬なり。実は、22日の日曜日にも、スパイキュール相手の追い切りをかけられていますから、2本続けて、格下スパイキュールを可愛がってあげた、OP馬デュエルの追い切りということになります。
 さて、今回は短期放牧明けとなるデュエルですが、追い切り時計自体は、格下を可愛がってあげているだけに、さほど目立つものではありませんが、動きは素軽いの一言。来週のエルムSに向けて視界は良好と言っていいのではないでしょうか。

by gama321 | 2004-08-26 09:14 | ウインデュエル
2004年 08月 26日

ウインゼフィール入厩

メルサによると入厩した模様。9月19日出走予定。
楽しみです!

8/25(水)
 夏場暑い時期を北海道で過ごし大きく成長したウインゼフィールが、本日25日、無事美浦トレセンへと帰厩しています。
 昨日24日朝8時に北海道門別のファンタストクラブを出発。本日早朝、美浦TCの検疫厩舎に無事到着しました。
 現在はお盆前後の規定検疫時間適用のため、午前10時から検査を開始。所定の検温、血液など全ての検査と書類手続きを済ませると、午後4時過ぎに「北I~13号・藤沢和厩舎」の馬房へと無事に収まっています。
 ここ最近では放牧中の十分な乗り込みに加え、1日2回の食事、またファンタストクラブ場内で放たれるたびにつまんだ青草を栄養に、すっかりと成長しています。また、ひと回り大きくなって、強い調教にも負けない強靭な体質をも手に入れています。
 今後は秋の本格的な活躍に向け、放牧中と同じようにハードな稽古もしっかりと消化してくれることでしょう。そしてその復帰戦となるレースは中山開催1週目、9月12日の8R牝馬限定芝1800mが予定されています。
 成長後のゼフィールがどんなレースをしてくれるか、今から心待ちになってきました。

by gama321 | 2004-08-26 08:52 | ウインゼフィール